中国福建省政和県の茶産業総生産額、21年は40億元超

© 新華社

中国福建省政和県の茶産業総生産額、21年は40億元超

18日、政和県にある「白鷺の巣」生態茶園モデル基地で、摘み取ったばかりの白茶の茶葉を見せる茶農家。(南平=新華社記者/魏培全)

 【新華社南平5月23日】中国福建省南平市政和県はここ数年、地域に合わせた発展の道を選び、茶産業の育成と発展を支援することで、グリーン経済や文化・観光経済の発展を促進する。同県は21年の茶産業総生産額が40億元(1元=約19円)を超え、13万3800人の茶農家に収入増をもたらし、3年連続で「中国茶産業トップ100県」にランクインした。

中国福建省政和県の茶産業総生産額、21年は40億元超

17日、政和県にある羅金山生態茶園。(南平=新華社記者/魏培全)

中国福建省政和県の茶産業総生産額、21年は40億元超

18日、政和県にある「白鷺の巣」生態茶園モデル基地。(小型無人機から、南平=新華社記者/魏培全)

中国福建省政和県の茶産業総生産額、21年は40億元超

17日、政和県にある羅金山生態茶園で、摘み取った茶葉をしおれさせる萎凋(いちょう)作業をするスタッフ。(南平=新華社記者/魏培全)

中国福建省政和県の茶産業総生産額、21年は40億元超

17日、政和県にある羅金山生態茶園で白茶の茶葉を摘む茶農家。(南平=新華社記者/魏培全)

中国福建省政和県の茶産業総生産額、21年は40億元超

18日、政和県にある「白鷺の巣」生態茶園モデル基地で白茶の茶葉を摘む茶農家。(南平=新華社記者/魏培全)

中国福建省政和県の茶産業総生産額、21年は40億元超

17日、政和県にある羅金山生態茶園で白茶の茶葉を摘む茶農家。(小型無人機から、南平=新華社記者/魏培全)