APECに支持表明、貿易相会合で退席の5カ国など

© ロイター

[22日 ロイター] - バンコクで21日開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)貿易相会合では、ロシアのレシェトニコフ経済発展相の冒頭発言に合わせて米国や日本など5カ国の代表が退席したが、その後、この5カ国を含む7カ国がAPECと貿易相会合の主催国タイを支持する声明を発表した。

声明を発表したのは、米国、オーストラリア、カナダ、チリ、日本、韓国、ニュージーランド。ウクライナの人道上の危機は「重大な懸念」だと表明し、「ロシアに対し、直ちに武力行使を中止し、ウクライナから無条件で軍部隊を完全に撤退させることを強く求める」と主張した。

タイ政府関係者などによると、退席した米国、カナダ、ニュージーランド、日本、オーストラリアの代表は、レシェトニコ氏の発言終了後に席に戻った。