日米首脳、力による現状変更断じて許容せず

© 一般社団法人共同通信社

 日米両首脳は会談で、ロシアのウクライナ侵攻に関して、力による一方的な現状変更はいかなる場所でも断じて許容できず、先進7カ国(G7)や国際社会と共に毅然と対応することを確認した。岸田首相が記者会見で明らかにした。