生後 間もない娘が死亡 ベトナム人の女に懲役4年を求刑 広島・東広島市

© 株式会社中国放送

おととし、生まれて間もない娘を死なせ、遺体を遺棄したとされる技能実習生だったベトナム人の女の裁判員裁判で、23日、検察側は、懲役4年を求刑しました。

RCC

スオン・ティ・ヴォット被告(27)はおととし11月、広島・東広島市にある会社の寮で、出産したばかりの娘の口に粘着テープを貼り付け、毛布などで包むことなく、床に放置し、窒息または低体温症により死亡させ、遺体を土の中に埋めた罪に問われています。

RCC

23日の裁判で、検察側は、「子どもの生命や安全を最優先に考えるべきであるのに、日本で金を稼ぎ続けたいという気持ちを優先させて、誰にも相談することなく犯行に至った」などと指摘し、懲役4年を求刑しました。

RCC

一方、弁護側は、「多額の借金をして来日していて、妊娠が発覚すれば、強制帰国させられると思っていて相談できなかった」「病院では診察を拒否され、孤立出産直後の肉体的精神的な疲労から冷静な判断・行動がとれなかった」などとして、執行猶予つきの判決を求めました。

RCC

通訳を介して行われてきた裁判…。裁判長から「最後に言いたいことは」とたずねられたスオン被告は、ベトナム語で「赤ちゃんの名前は『ニー』と呼びます。ニーちゃん、ごめんなさい。どうか、お母さんを許してください」と声を震わせました。

RCC

裁判は、23日で結審し、判決は31日に言い渡されます。