米の台湾発言に「強烈な不満」 中国、軍事圧力の強化も

バイデン米大統領(ロイター=共同)、中国の習近平国家主席(新華社=共同)

 【北京共同】中国外務省の汪文斌副報道局長は23日の記者会見で、台湾で紛争が起きた場合に米国が防衛に関与する考えを示したバイデン米大統領の発言に「強烈な不満と断固たる反対」を表明、猛反発した。台湾への介入を認めず、対抗措置も辞さない姿勢を強調。台湾への軍事圧力を一段と強める可能性がある。

 習近平指導部は、バイデン氏が就任後初のアジア訪問で中国を外したことにいら立ちを強めている。日米同盟を軸に中国に対抗する陣営の結成が狙いと認識。日米韓の結束や台湾への関与は中国を軍備増強へと駆り立てており、米国の核と通常戦力による「拡大抑止」がどの程度有効かは不透明だ。

© 一般社団法人共同通信社