日米首脳「ロシアに長期代償」

ウクライナとの連帯も表明

© 一般社団法人共同通信社

共同記者会見を終え、握手する岸田首相(右)とバイデン米大統領=23日午後、東京・元赤坂の迎賓館(代表撮影)

 日米両首脳は23日の会談後に発表した共同声明で、ウクライナへの侵攻を続けるロシアに対し、金融制裁や輸出管理措置を通じて、長期的・経済的なコストを課すと強調した。ロシアの侵攻が、ルールに基づく国際秩序への「最大の脅威」と指摘。ウクライナとの連帯も表明した。

 岸田文雄首相は共同記者会見で、ロシアの侵攻について「非道な侵略」と厳しく批判。首脳会談では、ウクライナを全力で支援することで合意したと明らかにした。

 バイデン大統領も「軍事施設ではない学校や病院などが爆撃されている。プーチン大統領はウクライナのアイデンティティーを壊そうとしている」と名指しで糾弾した。