米、台湾侵攻なら軍事的に関与

「約束」とバイデン氏、中国反発

© 一般社団法人共同通信社

日米首脳会談後に共同記者会見するバイデン米大統領=23日午後、東京・元赤坂の迎賓館(代表撮影)

 バイデン米大統領は23日、日米首脳会談後の共同記者会見で、中国が台湾に侵攻した場合、防衛のため軍事的に関与する考えを示した。台湾有事の際の対処をあらかじめ明確にしない米歴代政権の「あいまい戦略」よりも踏み込んだ発言。中国外務省の汪文斌副報道局長は「強烈な不満と断固たる反対」を表明し、容認しないと反発した。

 アジア訪問中に発信し、中国を強くけん制する狙いがありそうだ。軍事関与の意思を問われ「イエス。そういう約束だ」と強調。ウクライナ侵攻を踏まえ「責務はさらに強くなっている」と述べた。台湾外交部の報道官は「台湾を守るとの確固たる約束を再確認した」と評価した。