南部ヘルソン州でルーブル流通

ウクライナ通貨と並行

© 一般社団法人共同通信社

ルーブル紙幣=2014年、ロシア・クラスノヤルスク(ロイター=共同)

 ロシア軍が全域制圧を表明したウクライナ南部ヘルソン州で同軍関係者らがつくる暫定政権のトップ、サリド知事は23日、ヘルソン州内で同日からロシアの通貨ルーブルがウクライナ通貨フリブナと並行して公式に流通を始めたと述べた。タス通信などが伝えた。

 サリド氏は2ルーブル(約4円)が1フリブナに相当すると述べ、将来は価格表に2種類の通貨で値段を表示することが義務付けられるとの見通しを示した。

 ルーブルの流通開始には経済面でロシアとの統合を既成事実化する狙いがあるとみられる。サリド氏は今月6日、「ヘルソン州は既に切り離すことのできないロシアの一部だ」と述べていた。