尹大統領、アジア人初のPL得点王に輝いたソン・フンミンに祝電=韓国ネット歓喜「韓国の誇り」

© 株式会社 Record China

韓国のサッカー選手・孫興慜(ソン・フンミン)が、アジア人で初めてイングランド・プレミアリーグ(EPL)の得点王になり、尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領も就任以来初の祝電を送った。5月23日、韓国・聯合ニュースが報じた。

記事によると、尹大統領は23日、自身のSNSを通じて、「プレミアリーグ2021~2022シーズンの得点王に輝いたことを心からお祝いする」「今回の受賞はシーズンを通してチームのために献身と努力を重ねたしたソン・フンミン選手の情熱が生んだ結果だと思う」との内容が書かれた祝電を公開した。

この中で尹大統領は、「世界最高水準のイングランド・プレミアリーグでアジア人として初めて得点王に輝いたことは、ソン選手個人の栄誉だけでなく、アジアのサッカー界全員にとってうれしいこと」とし、「新型コロナウイルスにより苦しい時期を経験した韓国の国民にとってソン選手の得点王受賞は最高の希望のメッセージだ。ペナルティーキック以外の純粋なフィールドゴールのみで成し遂げた業績のため、国民はより大きな誇りを感じたはず」とソンを称賛した。

11月にカタールで開催されるワールドカップ(W杯)についても、「韓国代表の選手たちと共に、再び胸の熱くなるようなときめきと感動を与えてくれることを期待する」とし、「韓国サッカー界の期待の星たちにも世界最高選手の後輩という誇りを植え付けてくれたソン選手の受賞を改めて祝い、今後の活躍についても国民と共に応援する」との言葉で締めた。

ソンは同日、ノリッジ・シティとの最終節に選抜出場し、2ゴールを決めてチームの勝利に貢献。この試合でリーグ通算22、23点目を決めたことにより、リバプールのモハメド・サラーと並んで得点王に輝いた。

ソンは試合直後、テレビ局のインタビューで「幼い頃から夢見てきたこと」とし、「今自分の手の中にあるというのが信じられない。本当に感激している」と喜びを語った。

韓国のネットユーザーからは、「ソン選手は韓国の誇りであり、宝です。おめでとう」「応援してます。ファイト!」「ソン選手はサッカーで国を一つにしてくれた」「生きているうちに韓国の選手がEPLで得点王になる姿を見られるなんて」「れわわれはソン選手の時代を生きてる」「アジア人選手にとって、この記録は今後100年以上破れないと思う」「めでたいニュースが続いてうれしい」など、ソンに対する称賛の声が相次いでいる。

一方で、「おめでとうというメッセージだけ書けばいいのに。こんなことまで政治に利用するのはおかしい」「さりげなく便乗?」など、尹大統領を批判するコメントも見られた。(翻訳・編集/丸山)