横田早紀江さんら拉致被害者家族 米大統領と面会 バイデン氏「私たちは協力する」と握手

© 株式会社神奈川新聞社

バイデン米大統領との面会後、横田めぐみさんと写った写真を手に会見する(左から)横田早紀江さん、拓也さん、哲也さん=23日、国会内

 北朝鮮による拉致被害者の家族が23日、来日中のバイデン米大統領と東京・元赤坂の迎賓館で面会した。横田めぐみさん=失踪当時(13)=の弟で家族会代表の横田拓也さん(53)は、再会が果たせないまま高齢化が進み、亡くなる家族が相次いでいることを伝え、「無念でならない。母には必ずめぐみと再会し、抱き合わせてあげたい」と一刻も早い解決を訴えた。

 面会には、めぐみさんの母早紀江さん(86)や拓也さんの弟哲也さん(53)、田口八重子さんの長男飯塚耕一郎さん(45)など8家族11人が出席した。

 面会後、国会内の会見で拓也さんは、大統領が「いつも祈っています。私たちは協力します」と語り握手を交わしたほか、同席した岸田文雄首相が「しっかりとこの問題に取り組んでいく」と述べたと説明した。