NY株続伸、618ドル高

割安感で幅広く買われる

© 一般社団法人共同通信社

ニューヨーク証券取引所のディーラーたち=23日(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】週明け23日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は大幅続伸し、前週末比618.34ドル高の3万1880.24ドルで取引を終えた。前週に週間ベースで930ドル超下落して割安感が出たため、幅広い銘柄が買われて相場を押し上げた。

 米経済の好調を背景に純金利収入の見通しを引き上げた金融のJPモルガン・チェースが急上昇し、投資家心理が改善。バイデン米大統領がインフレ抑制に向け、中国製品に対する制裁関税の引き下げを検討していると表明したことも買いを後押しした。

 ナスダック総合指数は反発し、180.65ポイント高の1万1535.27。