米大統領の台湾発言歓迎

自民部会「最高の失言」

© 一般社団法人共同通信社

23日、日米首脳会談を終え共同記者会見するバイデン米大統領=東京・元赤坂の迎賓館(AP=共同)

 自民党が24日に開いた外交部会などの合同会議で、中国が台湾を攻撃した場合、軍事的に関与するとしたバイデン米大統領の発言を歓迎する声が相次いだ。米政府が台湾政策に変更はないとしている中での踏み込んだ姿勢に「日本にとって最高の失言だ」との意見も出た。

 佐藤正久外交部会長は「アジア太平洋地域の安定に資する発言であり、バイデン氏の本音が出た」と評価した。

 一方、松野博一官房長官は記者会見で、バイデン氏の発言へのコメントを避けた。「台湾海峡の平和と安定は、日本の安全保障や国際社会の安定に重要だ」と語り、米国などと連携し台湾情勢を注視する考えを示した。