経験あるドライバーからプレッシャーを受けるも落ち着いた走りで13位完走の野田樹潤。成長を実感/Wシリーズ第2戦

© 株式会社サンズ

 前戦マイアミでは自らのミスでフリー走行でクラッシュ。その後、マシンのフィーリングが変わり、予選とレースで本来の力を出せないまま開幕戦を終えたJujuこと野田樹潤。2戦目のスペインではどのようなアプローチで臨んだのか。

「意味のないミスはしないように心がけていましたが、タイムを出しに行くときは、そんなことを考えないようにしていました。タイムを出しに行ってミスをする分には仕方ないと思っています」

 フリー走行後に、トラクションがかかるようにリヤのセットアップを変えて臨んだ2度目の予選。それでも、スペインGPの週末は高温が続き、路面の状況は滑りやすくなっていた。

「コーナーの出口でかなりオーバーステア気味になっていて、高速コーナーの3コーナーや9コーナー、さらに最終コーナーでもヒヤッとしました」というJujuだったが、「最後まで攻めました」という。

 JujuにとってWシリーズ2度目の予選は14番手だった。最下位の18番手に終わったマイアミから4つポジションを上げただけでなく、ルーキードライバーのなかで最上位となった。

「最後の最終ラップまで、自分なりに頑張って14番手になって、すごく満足というわけではないのですが、まずまずの順位かなと思っていた」というJujuだったが、パドックに帰ってきて、父親(野田英樹)から声をかけられると、崩れるようにうなだれた。

「帰ってきたらお父さんに『あと100分の5秒縮めていれば、P11だったんだよ』と言われて、めちゃめちゃ悔しくなりました」

第2戦の予選を14番手で終えたJuju
Jujuのスタートポジションは写真左端のオレンジと黒のマシンのさらに後方