おふさ観音でバラが見ごろに

© 奈良テレビ放送株式会社

 橿原市にある「おふさ観音」で、バラの花が参拝者の目を楽しませています。

 おふさ観音は、季節ごとに境内を楽しめる寺です。夏には、風鈴の涼やかな音色が響き、今の時期と秋は、バラの花が魅力です。

バラの栽培が始まったのは1995年。以来、丁寧に育て、少しずつ数を増やし今ではおよそ3800種類、およそ4000株に達しました。最近では、イギリスで作られた「イングリッシュローズ」も栽培され、薄い花びらがいくつも重なる花の形と豊かな香りは、訪れた人たちにバラの美しさを印象づけます。

おふさ観音の「春のバラまつり」は、6月30日まで開かれています。