大和郡山市内の踏切 点字ブロックを取り替え

© 奈良テレビ放送株式会社

 大和郡山市内の踏切で全盲の女性が電車にはねられて亡くなった事故を受けて、24日、事故のあった現場では点字ブロックの取り替え工事が行われました。

 4月25日、午後6時ごろ近鉄郡山駅近くの踏切を渡っていた全盲の女性が特急列車にはねられ、亡くなる事故がありました。踏切にはゴム製の点字ブロックが4カ所に4枚ずつ設置されていましたが、摩耗し、一部ははがれていました。市はこれまで対策について、警察や障害者の団体などと協議していて、きょうは耐久性に優れた点字ブロックに取り替える工事が行われました。

工事ではこれまで設置されていた点字ブロックをはがして新しいブロックの設置場所を決めたあと、アクリダイトという特殊な塗料を塗り広げていきます。そして、その上から突起のある樹脂製のシートを張り乾燥させます。4カ所にはそれぞれ遮断機の手前であることを知らせる点状のブロック6枚と、そこに誘導するための線状の突起があるブロック3枚が設置されました。市では今後、障害者がよく利用する踏切から順に、新たな点字ブロックに取り替えたいとしています。

大和郡山市 管理課 課長補佐・佐野裕和さん
「今回こういう不幸な事故がありましたので、関係者団体の方と協力しながら事故がなくなるようにこれからも対策をしていきたいと考えています。」