創志学園高校の長沢監督が今夏で退任へ 後任は元東海大相模の名将・門馬さん 岡山市

© 株式会社瀬戸内海放送

岡山市の創志学園高校は2022年夏の大会の後、東海大相模の元監督・門馬敬治さん(52)を新監督に迎えると発表しました。

門馬さんは神奈川県の強豪東海大相模の監督時代、チームを甲子園で春夏4回の優勝に導びき、名将として知られています。

(創志学園野球部の新監督/門馬敬治さん)
「勝ちにこだわることと、学校の部活動なので学校の中に存在価値を見いだせる、『勝ち』と『価値』両方を同時に追求できるようなチーム、野球を目指したい」

2010年の創部以来、創志学園で監督を務め、甲子園に春夏5回出場した長沢宏行監督(69)は、2022年夏の大会を最後に退任します。