「一つの中国」原則「揺るがせてはならない」 中国外交部

© 新華社

「一つの中国」原則「揺るがせてはならない」 中国外交部

記者会見に臨む中国外交部の汪文斌報道官。(資料写真、北京=新華社配信)

 【新華社北京5月24日】中国外交部の汪文斌(おう・ぶんひん)報道官は24日の定例記者会見で、米国は「一つの中国」原則の問題で言葉遊びに知恵を絞っているが、米国を含めた世界に中国人民の国家完全統一実現に向けた歩みを阻むことのできる勢力はなく、「台湾独立」勢力が失敗する運命を救える勢力もないと強調した。

 汪氏は関連する質問に答えた際、米国が台湾問題で約束に背き、「一つの中国」原則を曖昧、骨抜きにし、陰に陽に「台湾独立」分裂活動をそそのかし、支持していると指摘。もし誤った道を歩み続けるなら、中米関係に取り返しのつかない結果をもたらすだけでなく、最終的に耐え難い代価を払うことになると述べた。

 汪氏は「われわれは米国に忠告する。世界には一つの中国しかない。台湾は中国の一部であり、中華人民共和国政府は全中国を代表する唯一の合法政府だ。これは国際社会の共通認識であり、米国の約束でもある」と述べ、「一つの中国」原則を揺るがしてはならず、中国の主権と領土保全を侵害してはならず、「二つの中国」や「一つの中国、一つの台湾」を作り出してはならないという「レッドライン」を越えてはならないと強調した。

 中国には「台湾独立」分裂活動を断固抑制し、あらゆる外部の干渉を断固打ち砕き、国の主権と領土保全を断固守る十分な自信と能力、準備があるとも指摘し、「中国には『友が来ればよい酒があり、豺狼(さいろう、ヤマイヌとオオカミ、転じて悪人)が来れば猟銃で出迎える』という誰でも知っている古い歌があるが、米国も一度聴いてみるみることを勧める」と述べた。