補正予算案を国会提出

物価高対策、2.7兆円

© 一般社団法人共同通信社

2022年度補正予算案の概要

 政府は25日、物価高騰対策の一部に充てる2022年度補正予算案を国会に提出した。月内の成立を目指す。一般会計の歳出総額は2兆7009億円。財源は全て赤字国債の発行による借金で賄うため、財政健全化への道のりは遠のく。

 ガソリンなど燃油価格抑制のための補助金は、6月から9月分としてタクシー事業者向けを含め1兆1739億円を計上した。原油価格が高止まりしており、石油元売り会社への補助金支給を通じて、燃油の小売価格を抑えたい考え。