<高校野球>浦和学院が4強 打線好調、10安打9得点で選抜出場校対決制す 明秀学園日立に9―7

© 株式会社埼玉新聞社

明秀学園日立―浦和学院 6回裏浦和学院1死満塁、伊丹が走者一掃の中越え三塁打を放って追加点を奪う。捕手伊藤

(24日・栃木県総合運動公園野球場)

 第4日は残りの準々決勝2試合を行い、浦和学院が明秀学園日立(茨城)に9―7で競り勝ち、山村学園は作新学院(栃木)を5―1で下し、ともに4強入りした。4強入りは、浦和学院が5年ぶり、山村学園が3年ぶり。

 山村学園は、山田翼が5安打1失点完投。一回1死二塁から坪井の左前適時打で先制すると、四回には、無死二塁から酒井の適時三塁打と千葉のタイムリーで2点追加し、六回にも2点を奪った。

 浦和学院は、10安打9得点で乱打戦を制した。5―5の六回1死二塁から大勝の左越え適時二塁打で勝ち越し。四球と内野安打で満塁とし、伊丹の中越え3点三塁打でこの回一挙4点を奪った。

 第5日は28日、宇都宮清原球場で準決勝を実施。浦和学院は山梨1位の山梨学院(10時)、山村学園は東京1位の関東第一(12時30分)と対戦する。

■超攻撃野球と機動力光る 乱打戦制すも次戦へ課題

 今春の選抜大会に出場した両校の対戦は、ともに2桁安打の乱打戦となり、勝負強さが光った浦和学院に勝利の女神がほほ笑んだ。森監督は「超攻撃野球と足でかき回せたのは良かった」と語った。

 しっかり振り抜く超攻撃野球に、春の県大会で磨いた小技がかみ合った。6―5の六回1死一、二塁。2番手に代わった相手投手の初球を、1番小林が意表を突くセーフティーバントで満塁とし、2番伊丹が打席へ。「犠牲フライでいい」と内角低めの直球をフルスイングで捉えた。打球は中堅手の頭を越え、走者一掃の適時三塁打で点差を広げた。

 10安打9得点と打線は奮起したが、守備で3失策、先発のエース宮城は5回7安打5失点と課題が残った。指揮官は「自分ができると過信している部分があったと思う。試合を経験して反省してもらいたい」と珍しく厳しい言葉を発した。主将の八谷は「厳しい戦いの中で、一球のミスが命取りになる。守備からやり直さないといけない」と準決勝までの短期間で修正を図る。

この記事はいかがでしたか?