磯村勇斗 “死の申し込み”に笑顔で対応する市役所職員姿 「PLAN 75」本編映像

© 合同会社シングルライン

6月17日より劇場公開される、倍賞千恵子主演の映画「PLAN 75」から、磯村勇斗演じる市役所職員のヒロムが、笑顔で“死の申し込み”に対応するシーンの本編映像が公開された。

75歳以上の高齢者に死を選ぶ権利を認め、支援する制度である<プラン75>が施行された日本。市役所職員のヒロムは、<プラン75>の加入促進窓口を担当している。公開された映像では、<プラン75>のパンフレットを読み込んできた女性の申込者に、ヒロムが「すごい勉強されてるんですね!」と感嘆の声を上げる様子から始まる。多くの質問があるという女性は、申込者に与えられる支度金10万円の使用用途について尋ねる。「基本的に自由にお使い頂けるお金なので。旅行とか、おいしいものを食べるとか」と提案するヒロムに、女性は「ご褒美みたいなもんね」とほほ笑む。

<プラン75>が当たり前のものとして根付き、即日申し込みが可能というシンプルな手順で死が選ばれてしまうという状況のなか、ヒロムは死を推奨する制度に笑顔で従事している。そんな、ヒロムの役どころについて早川監督は、「ヒロムは自分たちが非人間的なシステムの一端を担っていることに無自覚です。<プラン75>を選択する人のその先に待っていることについて、考えることをやめてしまっているのです。そんな彼がこの物語でどんな気づきを得るのか。それが本作の希望のひとつでもあります」と語っている。

「PLAN 75」は、75歳以上の高齢者に自ら死を選ぶ権利を保障・支援する制度<プラン75>が施行された世界で、制度に翻弄される人々の姿を描く作品。年齢で命を線引きする恐ろしさと、そんなシステムを生み出してしまう社会構造や人々の意識に対する批判を込め、”生きるとは何か?”を問いかける。脚本・監督を務めるのは、長編初監督となる早川千絵。是枝裕和が総合監修を務めたオムニバス映画「十年 Ten Years Japan」の一編を新たに構築した。「PLAN 75」の申請手続きを行うか考え始める主人公・角谷ミチを演じるのは倍賞千恵子。ほかに、磯村勇斗、河合優実らが顔をそろえる。

【作品情報】
PLAN 75
2022年6月17日(金)より、新宿ピカデリーほか全国公開
配給:ハピネットファントム・スタジオ
© 2022『PLAN75』製作委員会 / Urban Factory / Fusee

この記事はいかがでしたか?