中国、台湾周辺訓練は米への警告

軍が談話発表

© 一般社団法人共同通信社

 【北京共同】中国軍東部戦区の報道官は25日の談話で、台湾周辺の海空域で中国が実戦訓練を最近行ったのは「米国と台湾の結託」に対する厳正な警告だと表明した。「(中国軍には)外部勢力の干渉や台湾独立のたくらみを打ち負かす決心と能力がある」とけん制した。

 談話によると、訓練は多種類の兵力を連携させて実施した。空母「遼寧」が太平洋上で艦載機の発着艦を繰り返したことなどを指すとみられる。「米国側には台湾問題に関して言行不一致がある。台湾独立勢力を元気づけようとしても無駄だ」などと非難した。