「いつになったら我々は銃ロビーに立ち向かうのか」 小学校乱射受けバイデン米大統領

© BBCグローバルニュースジャパン株式会社

米テキサス州南部ユヴァルディの小学校で24日午前に銃撃事件があり、生徒や教師が少なくとも計21人死亡した。

事件は、ジョー・バイデン米大統領が韓国と日本の歴訪から帰国中に起きた。大統領はホワイトハウスに到着して直ちに、教師の妻ジルさんと共に国民に向けて演説をし、「自分が大統領になったとき、こんなことをしなくても済むようにと願っていた」と切り出した。

「まただ。またしても虐殺が起きた」とバイデン氏は述べ、「小学校で。美しい、罪のない、2年生、3年生、4年生が犠牲になった。いったい何十人の小さい子供がこの事態を目撃し、まるでとんでもない戦場にいるかのように、友達が殺されるのを目にしたのか。子供たちはこの経験を今後一生、抱えていくことになる」と話した。

「いったいいつになったら我々は、銃ロビーに立ち向かうのか。もう、うんざりだ。自分たちがこの殺戮(さつりく)に何もできないなど、言わないでほしい」

「18歳の子供が店に入って、自動小銃を2丁買うことができるなど、ひたすら間違っている」

「こんな乱射事件は、世界のほかの場所ではめったに起きない」

「なぜ我々はこの殺戮を受け入れているのか。どうして同じことが繰り返されるのを、我々は許しているのか。いったい我々の気骨はどこにあるのか」とバイデン氏は述べ、「いい加減、行動するべき時だ。できることはもっともっとある。もっと対策をとらなくてはならない」と強調した。

バイデン大統領夫妻は今月17日、ニューヨーク州北部バッファローで乱射事件現場となったスーパーを訪れ、被害者や遺族を弔問したばかり。