【マレーシア】川崎汽船、ペトロナス向けLNG船を竣工[運輸]

© 株式会社NNA

ペトロナス向けの液化天然ガス(LNG)輸送船「ラジェンダ・スリア」(川崎汽船提供)

川崎汽船は26日、マレーシアの国営石油ペトロナス向けの液化天然ガス(LNG)輸送船1隻目が竣工(しゅんこう)したと発表した。

LNG船「ラジェンダ・スリア」は、造船契約を結んだ中国の滬東中華造船が製造した。全長239.4メートル、型幅36.6メートル、タンク容積は7万9,958立方メートル。ガスだき低速ディーゼル機関「X—DF」を搭載し、速力は17.5ノットとなっている。

川崎汽船は2020年2月、ペトロナス傘下のペトロナスLNGとLNG船2隻を対象とした、長期定期用船契約を締結。併せて、滬東中華造船と造船契約を締結した。

2隻目となる姉妹船「ラジェンダ・セレニティー」は来月の竣工予定で、2隻ともマレーシア・サラワク州のビントゥル港から中国・上海市政府系のエネルギーインフラ企業、申能集団向けのLNG輸送に使用される。