中国が国際市場で「食糧を買い占める」必要ない 外交部

© 新華社

中国が国際市場で「食糧を買い占める」必要ない 外交部

記者会見に臨む中国外交部の汪文斌報道官。(資料写真、北京=新華社配信)

 【新華社北京5月27日】中国外交部の汪文斌(おう・ぶんひん)報道官は27日の定例記者会見で、一部の西側諸国で最近、中国が国際市場で「食糧を買い占めている」との批判的論調が現れ、世界の食糧安全保障のためにさらなる行動を取るよう要求していることを受け、次のように述べた。

 中国政府は一貫して食糧安全問題を非常に重視しており、われわれは「穀物は基本的に自給し、食糧は絶対的に安全である」という食糧安全保障観を実行に移している。2021年まで、中国の食糧生産量は7年連続で6500億キロ以上と安定しており、食糧生産国で世界1位、食糧輸出国では世界3位となっている。中国には、自らの力で中国の人々の食糧需要を満たす条件、能力、自信が完全にあり、国際市場で「食糧の買い占め」をする必要はない。

 中国は世界の9%に満たない土地で世界の約4分の1を占める食糧生産量を実現し、世界の5分の1の人口を養っている。それ自体が世界の食糧安全保障に対する重要な貢献だ。また、中国は大国としての責任感を示し、世界の食糧安全保障のために積極的に貢献している。ここ数年、われわれは国連食糧農業機関(FAO)南南協力基金に累計1億3千万ドル(1元=約127円)拠出し、アジアやアフリカ、中南米カリブ地域、太平洋島しょ国に数多くの専門家や技術者を派遣した。FAO南南協力基金プロジェクトの枠組みの下で最も多くの資金援助を行い、最も多くの専門家を派遣し、最も多くのプロジェクトを展開した発展途上国である。新型コロナウイルス感染症が発生してから、中国は国連などの国際機関の呼びかけに積極的に応え、一部の国に緊急食糧援助を実施している。中国が世界食糧生産と供給を安定するために行った積極的な貢献は、国際社会から広く称賛されている。