中国の民間航空、4月の運行便数13万6千便

© 新華社

中国の民間航空、4月の運行便数13万6千便

甘粛省の敦煌莫高国際空港に着陸した長竜航空の旅客機。(4月28日撮影、敦煌=新華社配信/張暁亮)

 【新華社北京5月28日】中国民用航空局(民航局)は26日の定例記者会見で、民間航空の4月の運航状況を発表した。

 飛行時間は前年同月比73.7%減の26万2千時間だった。ゼネラルアビエーション(一般航空)は3.8%増の11万3千時間となった。航空事故はなかった。

 国内の新型コロナウイルスの影響、経済の下押し圧力の増大、航空燃料価格の高騰などを受け、各生産指標は大幅に落ち込んだ。貨物と旅客を合計した輸送トンキロは68.0%減の29億5千万トンキロ、旅客輸送数は84.6%減の788万人、貨物輸送量は35.9%減の42万トンだった。航空機1機当たりの1日平均飛行時間は2.2時間と前年同月に比べ6.4時間低下した。

 運航便数は13万6千便、1日平均便数は前年同月比69.8%減の4526便で、全国の定時運航率は97.5%だった。