将棋、鎌田2級は初戦白星飾れず 最年少13歳の女流棋士

現役最年少女流棋士としてプロデビューを果たした鎌田美礼女流2級=28日午後、東京都渋谷区の将棋会館

 将棋の現役最年少女流棋士、13歳の鎌田美礼女流2級が28日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第16期マイナビ女子オープン予備予選でプロデビュー戦に臨み、中倉宏美女流二段に敗れ、ほろ苦いスタートとなった。

 鎌田2級は茨城県取手市出身。2018年、女流棋士の養成機関「研修会」に入った。しかし、20年、母が病死。研修会からも遠ざかったが、父から「女流棋士になるのがお母さんの夢だった」と聞き21年1月に復帰、今年5月1日付で女流棋士になった。

 この日を振り返り、「途中までは楽しく指せていた。これからは恥ずかしくない将棋を心がけたい」と奮闘を誓った。

© 一般社団法人共同通信社