製造業の外資利用支援を絶えず強化 中国商務部

© 新華社

製造業の外資利用支援を絶えず強化 中国商務部

河北省唐山市の日系企業、唐山松下産業機器で働く従業員。(2021年7月8日撮影、唐山=新華社記者/牟宇)

 【新華社北京5月28日】中国商務部の郭婷婷(かく・ていてい)部長助理(次官補)は、同部がこのほど開いた電気機械設備業界の外資系企業のビデオ座談会で、電気機械設備業界は製造業の資金導入の重点分野であり、中国は製造業の外資利用支援を絶えず強化し、外資のイノベーション発展とグリーン(環境配慮型)発展を導いていると説明した。外資系企業が中国での投資と発展の機会をつかみ、より良い製品と技術、サービスをより多く中国にもたらすとともに、世界の産業チェーンとサプライチェーンの安定維持に貢献することを希望すると述べた。会議には業界の代表企業9社が参加した。

 郭氏は、対外開放は中国が長年堅持する基本的国策だと指摘。新たな発展枠組みの構築が加速する中、開かれた中国の大市場、絶え間なく深化する地域経済協力が、多くの外資企業に中国での新たな機会をもたらすと述べた。商務部は今後も関連部門や地方と共同で重点外資プロジェクトの専門作業チームとしての役割を発揮していくとも強調し、外資企業との常態化した交流を強め、企業の難題解決に迅速に対応し、外資系企業へのサービスを保障していく考えを示した。

 参加企業は、ここ数年の中国政府による開放水準の向上、ビジネス環境の改善、企業の新型コロナウイルス対策支援などの努力を評価。中国市場への期待は変わっておらず、今後も引き続き中国での投資を拡大し、中国の電気機械設備業界の質の高い発展を促進するため積極的に貢献していくと表明した。