ロコ、中部電力が決勝へ カーリング日本選手権

北海道銀行に勝利し決勝進出を決め、喜ぶロコ・ソラーレ。左から吉田知、吉田夕、藤沢、鈴木=アドヴィックス常呂カーリングホール

 カーリングの日本選手権第7日は28日、北海道北見市で決勝トーナメントが行われ、女子は北京冬季五輪銀メダルのロコ・ソラーレと中部電力、男子は札幌国際大とSC軽井沢クが決勝に進んだ。

 1次リーグを首位通過したロコ・ソラーレは同2位の北海道銀行を6―4で下し、決勝進出を決めた。同3位だった中部電力は同4位のフォルティウスに12―2で大勝し、準決勝に回った北海道銀行に7―5で勝った。

 1次リーグを2位で突破した札幌国際大は同1位のSC軽井沢クを10―7で破って決勝へ。準決勝でSC軽井沢クは1次リーグ3位で4連覇を目指したコンサドーレに10―7で勝った。

女子準決勝、北海道銀行戦の第8エンドに得点を奪い、喜ぶ中部電力の選手たち=アドヴィックス常呂カーリングホール

© 一般社団法人共同通信社