北朝鮮、発熱患者横ばい8万人

党政治局が協議

© 一般社団法人共同通信社

朝鮮労働党政治局の協議会に臨む金正恩党総書記=29日、平壌(朝鮮中央通信=共同)

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は29日、新型コロナウイルス感染が疑われる発熱患者が28日夕までの1日で新たに8万9千人超確認されたと伝えた。前日より約千人増えたものの、ほぼ横ばいの状況。死者が出たかどうかは前日に続いて報じていない。4月末からの発熱患者の累計は344万人超となった。

 朝鮮労働党政治局は29日、平壌で協議会を開き、金正恩党総書記が出席した。未明から早朝にかけて開催されたとみられる。朝鮮中央通信は、感染状況が「統制、改善されている」との判断の下で今後の方針が討議されたと報じた。金正恩氏の発言内容は伝えられていない。

この記事はいかがでしたか?