決勝は「花巻東-盛岡大付」 春季高校野球県大会

© 株式会社岩手日報社

久慈―花巻東 1回裏花巻東1死満塁、千葉が右翼線に3点三塁打を放ち4―0とリードを広げる。捕手荒谷、球審小谷地=野田

 第69回春季東北地区高校野球県大会第5日は28日、野田村のライジングサンスタジアムで準決勝2試合が行われ、花巻東は久慈に13―0で五回コールド勝ちし、4大会連続で決勝に進んだ。盛岡大付は盛岡三を5―0で下し、2大会連続の決勝進出。決勝は前回と同じ花巻東と盛岡大付の顔合わせとなり、両校は東北大会(6月8日開幕、福島県)の出場権を得た。

 最終日の29日は同球場で3位決定戦と決勝を実施。花巻東は4大会連続10度目、盛岡大付は5大会ぶり7度目の優勝を目指す。3位決定戦は久慈と盛岡三が対決し、東北大会出場権を争う。