花巻東が決勝進出 春季高校野球県大会【岩手】

© 岩手日日新聞社

 第69回春季東北地区高校野球県大会は28日、野田村のライジング・サン・スタジアムで準決勝が行われ、花巻東が4大会連続となる決勝進出を決めた。

 花巻東は一回、押し出し四球で先制すると、1死満塁から6番千葉柚樹(2年)の右翼線3点適時三塁打、続く7番小原大和(3年)は2点本塁打を放ち、一挙6得点。二回には連続三塁打など打者一巡の猛攻で、5点を追加。さらに四回にも2点を奪い、久慈に五回コールド勝ちした。

 29日は同スタジアムで決勝と、東北大会最後の切符を懸けた3位決定戦が行われる。