オ8―0中(29日)

T―岡田が3打点

© 一般社団法人共同通信社

7回オリックス1死、T―岡田が右中間に2者連続本塁打を放つ=京セラドーム

 オリックスが投打で圧倒した。三回までに中川圭、太田の適時打などで5点を先行。故障明けのT―岡田が杉本との2者連続本塁打などで3打点。宮城が緩急自在の投球で7回を無失点とし4勝目。中日は柳が崩れ連勝は3で止まった。