全員帰国「絶対諦めない」

拉致被害者家族ら集会

© 一般社団法人共同通信社

北朝鮮による拉致被害者の早期帰国を求める「国民大集会」であいさつする横田めぐみさんの弟拓也さん。右端から2人目は岸田首相=29日午後、東京都千代田区

 北朝鮮による拉致被害者の早期帰国を求める「国民大集会」が29日、東京都内で開かれ、主催した被害者家族会代表で横田めぐみさん=失踪当時(13)=の弟拓也さん(53)が「被害者全員の帰国を絶対に諦めず、声を上げ続ける」と訴えた。

 前代表の飯塚繁雄さんが昨年12月に83歳で亡くなるなど、被害者家族は高齢化が進む。拓也さんは「親世代には時間がない。元気なうちに再会させてほしい」と語った。

 田口八重子さん=同(22)=の長男飯塚耕一郎さん(45)も登壇し、今月23日に米国のバイデン大統領と面会した際、「時間が限られている」などとつづった手紙を渡したと明かした。