科学技術で穀物貯蔵施設の高度化を後押し 河南省鄧州市

© 新華社

科学技術で穀物貯蔵施設の高度化を後押し 河南省鄧州市

24日、中国儲備糧管理集団鄧州直属庫の穀物貯蔵施設。(小型無人機から、鄭州=新華社記者/張浩然)

 【新華社鄭州5月29日】今夏の小麦収穫期を迎え、中国河南省では積極的に食糧倉庫を整備して、貯蔵能力を向上させている。同省鄧州市の穀物備蓄企業、中国儲備糧管理集団鄧州直属庫は、科学的な品質検査や入庫全プロセス専用設備、食糧倉庫統合制御プラットフォームなどを取り入れ、小麦貯蔵のグリーン化や情報化、スマート化に取り組んでいる。同社は現在、小麦4万2千トンが貯蔵できる空間を確保しており、新麦を迎える詰めの作業を行っている。

科学技術で穀物貯蔵施設の高度化を後押し 河南省鄧州市

24日、中国儲備糧管理集団鄧州直属庫で、設置が完了した入庫全プロセス専用設備。(小型無人機から、鄭州=新華社記者/張浩然)

科学技術で穀物貯蔵施設の高度化を後押し 河南省鄧州市

24日、中国儲備糧管理集団鄧州直属庫の品質検査室で、小麦のサンプルを検査するスタッフ。(鄭州=新華社記者/張浩然)

科学技術で穀物貯蔵施設の高度化を後押し 河南省鄧州市

24日、中国儲備糧管理集団鄧州直属庫の品質検査室で、麦粒を選別する検査員。(鄭州=新華社記者/張浩然)

科学技術で穀物貯蔵施設の高度化を後押し 河南省鄧州市

24日、中国備蓄食糧鄧州直属庫の品質検査室で、小麦のサンプル検査を行うスタッフ。(鄭州=新華社記者/張浩然)

科学技術で穀物貯蔵施設の高度化を後押し 河南省鄧州市

24日、中国儲備糧管理集団鄧州直属庫の品質検査室で、小麦のサンプル検査を行うスタッフ。(鄭州=新華社記者/張浩然)

科学技術で穀物貯蔵施設の高度化を後押し 河南省鄧州市

24日、中国儲備糧管理集団鄧州直属庫の貯蔵施設の一部。(鄭州=新華社記者/張浩然)

科学技術で穀物貯蔵施設の高度化を後押し 河南省鄧州市

24日、中国儲備糧管理集団鄧州直属庫の貯蔵施設で、漏れ防止網の取り付け状況を点検する作業員。(鄭州=新華社記者/張浩然)

科学技術で穀物貯蔵施設の高度化を後押し 河南省鄧州市

24日、中国儲備糧管理集団鄧州直属庫の貯蔵施設で、漏れ防止網を取り付ける作業員。(鄭州=新華社記者/張浩然)

科学技術で穀物貯蔵施設の高度化を後押し 河南省鄧州市

24日、中国儲備糧管理集団鄧州直属庫で、貯蔵施設の壁に設置された食糧の状況を測定・制御する装置。(鄭州=新華社記者/張浩然)

科学技術で穀物貯蔵施設の高度化を後押し 河南省鄧州市

24日、中国儲備糧管理集団鄧州直属庫の貯蔵施設で、温度測定装置を使って倉庫内の温度や湿度のデータを確認するスタッフ。(鄭州=新華社記者/張浩然)

科学技術で穀物貯蔵施設の高度化を後押し 河南省鄧州市

24日、中国儲備糧管理集団鄧州直属庫の食糧倉庫で、検査した小麦のサンプルを元の場所に戻すスタッフ。(鄭州=新華社記者/張浩然)

科学技術で穀物貯蔵施設の高度化を後押し 河南省鄧州市

24日、中国儲備糧管理集団鄧州直属庫で、スマート化食糧倉庫統合制御プラットフォームを通して小麦の貯蔵状況を確認するスタッフ。(鄭州=新華社記者/張浩然)