10億円送金、理事長給与と認定

了徳寺大などに国税局が指摘

© 一般社団法人共同通信社

了徳寺大学=4月、千葉県浦安市

 了徳寺大(千葉県浦安市)を運営する学校法人と、同じグループで専門学校を運営していた学校法人が2017~18年、関連法人に送金した総額約10億円は、実質的に大学の理事長を務めるグループトップの了徳寺健二氏の給与に当たるとして、東京国税局が両学校法人に源泉所得税の徴収漏れを指摘していたことが29日、関係者への取材で分かった。

 関係者によると、関連法人への送金後、すぐに同額が了徳寺氏側に移されていたという。税額は重加算税を含め総額約6億円に上るとみられる。

 了徳寺氏は「事業資金として借り入れたもので、私的に使っていない」と話し、訴訟提起する意向を示している。