市町村てくてく散歩#43~にしおかすみこが睦沢町をてくてく~【前編】

© 千葉テレビ放送株式会社

市町村てくてく散歩#43~にしおかすみこが睦沢町をてくてく~【前編】

 チバテレで毎週金曜22時に放送している番組「市町村てくてく散歩」。
 魅力あふれる千葉県の各市町村を、ゲストの方がほのぼの散歩していきます♪
 第43回は、にしおかすみこさんが睦沢町をお散歩しました!

 千葉県の東南に位置し、町のほぼ中央部を埴生川・瑞沢川・長楽寺川が流れる睦沢町。
 河川沿岸は上総地区屈指の穀倉地帯として知られています。

 また、冬でも気温が0度以下になる事が少なく、穏やかで過ごしやすい気候にも恵まれた環境では「睦沢ブランド」として、多くの特産品が作られています。

♦ 温泉、グルメ、なんでも楽しめる♪道の駅でゆったりお買い物

 最初にやってきたのは「道の駅むつざわ・つどいの郷」。

 地元産の美味しいお米や新鮮野菜、色とりどりの花を販売する「つどいの市場」、よう素を豊富に含んだ露天風呂が楽しめる「むつざわ温泉 つどいの湯」、地元食材を生かしたイタリアンが楽しめる「トラットリア・ドゥーエ」など、睦沢町の魅力がギュッと詰まった道の駅です♪

 ここでお出迎えしてくれたのは、睦沢町の田中憲一町長とマスコットキャラクター・うめ丸くん

 なんと、つどいの郷でお米を購入すると、無料で精米をしてくれるそう!
 「玄米多めにしたい」などの細かな調整も相談可能だそうですよ♪

 また、睦沢町ではマスコットキャラクターの「うめ丸くん」のモチーフでもある「梅」が町の木となっています。

 つどいの郷でも、梅のコーナーにはいろいろな商品がズラリ!

 また、「むつざわ温泉 つどいの湯」では、よう素を豊富に含んだ天然温泉を楽しむことができるんですよ♪

 1日中楽しめる道の駅「道の駅むつざわ・つどいの郷」、みなさんもぜひ訪ねてみてはいかがでしょうか?

♦ 千葉県の中でも珍しい大きさ!?妙楽寺のおおきな仏像に注目!

 続いてやってきたのは「妙楽寺」。

 850年頃に建てられたと言われるこちらのお寺には、国の重要指定文化財「木造大日如来坐像」が安置されています。
 この仏像は、宇宙や仏教の真理、太陽を表す仏様の像なのだとか。

 大きさはなんと、279センチメートル!
 千葉県の中でも、これほど大きな仏像は珍しいんですよ♪

 実は、この仏像はカヤという木でできた木製。
 体と腕と頭は1本の木からできているそうです。

~ 後編へ続く ~