英検、第1回1次試験(6/3-5実施)解答速報…自動採点も

© 株式会社イード

日本英語検定協会

日本英語検定協会は、2022年6月3日~5日に実施した「2022年度第1回実用英語技能検定試験一次試験」の解答速報を6月6日Webサイトに公開。それにあわせて旺文社も、Webより自動採点できるサービスの提供を開始した。

2022年度第1回の実用英語技能検定一次試験は、6月3日に準会場D日程、4日に準会場E日程、5日に本会場・準会場F日程を実施した。実施級はD・E日程は2~5級、F日程は1級~5級。D日程~F日程の解答速報は、6月6日午後にWebサイトで公開された。

あわせて旺文社も、「英検一次試験 解答速報サービス」の提供を開始した。「英検一次試験 解答速報サービス」は、オンラインでできる無料の自己採点サービス。英検1~5級のすべての級に対応し、Webから解答を入力するだけで、リーディングやリスニングを自動採点することができる。ライティング(英作文)は、観点別の自己採点ができる。問題ごとの正誤だけでなく、技能ごとや大問ごとの正答率も自動で計算される。

解答速報サービスを利用するには、Webサイト「旺文社の英検合格ナビゲーター」より「英検一次試験 解答速報サービス」へアクセスし、受験級と受験日を選択する。オンラインマークシートに解答を入力し、「答え合わせ」ボタンをクリックすることで、技能ごとの正答率や問題ごとの正誤が瞬時に表示される。

今後、準会場G日程を除く各会場の一次試験の合否結果・成績表閲覧サービスは、6月20日に開始予定。団体の公開時間は午前11時以降。個人(英ナビ)の公開時間は級により異なり、1級・準1級は正午以降、2級は午後1時以降、準2級は午後2時以降、3級は午後3時以降、4級は午後6時以降、5級は午後7時以降。個人(ログインサービス)は6月21日午前10時以降に公開となる。

二次試験は、本会場A日程(1~3級)・準会場A日程は7月3日、本会場B日程(2~3級)・準会場B日程は7月10日、本会場C日程(1・準1級)は7月17日に実施される。

次回、2022年度第2回実用英語技能検定の実施予定は、個人・団体共に申込受付期間が8月1日~9月8日、書店受付締切日が9月2日、書店申込書類の協会必着日が9月6日。一次試験が本会場10月9日。一次試験準会場は、9月30日~10月22日の期間中、A~Gの7つの日程が設定されている。

木村 薫