東北新幹線開業40周年を記念して初代の車両カラーが復活

© 株式会社東日本放送

東北新幹線は、6月23日で開業40周年を迎えます。40周年を記念して、懐かしい初代の車両のカラーを再現した新幹線が9日から運行します。

鈴木奏斗アナウンサー「今の東北新幹線といえば鮮やかな色合いが印象的ですが、こちらが再現された当時走っていた車両のカラーリングです。クリーム色に艶を抑えた緑色のラインが忠実に再現されています」

再現されたのは、東北新幹線の初代の車両として活躍した200系です。

現在走っているE2系の10両1編成に、200系と同じ色の塗装を施しました。

200系は東北新幹線が開業した1982年にデビューし、老朽化に伴い2013年に廃止されました。

当時、各駅タイプの新幹線は青葉城にちなみ、あおばの愛称で親しまれました。

また、新幹線といえば白い車体に青のラインが一般的でしたが、200系は緑色のラインを取り入れたことで話題となり、緑の疾風とも呼ばれました。

更に、1991年まで東北新幹線の車内で流れていた案内チャイムも再現されました。各駅ごとにメロディーが異なり、上野から盛岡まで16種類あります。

JR東日本新幹線統括本部帆苅寛さん「この新幹線も40年間、さまざまな皆様の思いを運んできました。ぜひ、皆様もこの新幹線にご乗車いただき、古い思いを思い起こしていただきたいと思います」

この車両は9日から当面の間、東北新幹線で運行されます。

運行される時間帯は日によって異なり、前日にホームページに掲載されます。