東北新幹線が開業当時の懐かしい初代のカラーで9日から運行を開始

© 株式会社東日本放送

東北新幹線は6月23日で開業40周年を迎えます。懐かしい初代のカラーを再現した車両が定期列車として運行しています。

9日から運行が始まったのは、現在のE2系新幹線に東北新幹線開業当時の200系の塗装を施した車両です。

一番列車が出発した仙台駅には、当時を懐かしむ鉄道ファンも駆け付けました。

鉄道ファン「昔を懐かしむそういう感じですかね。私は51歳なんですけど(開業当時)11歳のころにいずれはやっぱり乗ってみたいという思いがありました」

200系カラーの新幹線は9日から当面の間、東北新幹線と上越新幹線の定期列車として運行し、車内では開業時に使われていた到着を知らせる、ふるさとチャイムも流されるということです。

なお、運行スケジュールは前日の午後10時以降にJR東日本のホームページで公表しています。