全国のスタバ、店内利用時はフタなし提供に! フラペチーノなどアイスビバレッジが対象

© ブロードメディア株式会社

店内のアイスビバレッジのリッド(フタ)なし提供を全国に拡大

「スターバックス」は、6月13日(月)から、店内のアイスビバレッジをリッド(フタ)なしで提供する取り組みを全国の店舗へ拡大する。

■多くの人が賛同!

今年の4月から、東京や神奈川、大阪など113店舗で先行導入されていた、店内利用時のアイスビバレッジのリッドなし提供が、今回、全国の約1700店舗に広がることが決定。

先行導入した横浜市内の店舗では、店内利用者の約半数が、リッドなしを選択するなど、多くの人が賛同したそうで、今回の拡大により、年間約100トンのプラスチック削減効果を見込む。

横浜ビブレ店の鈴木ストアマネージャーは、「実際、店舗から出るプラスチック資材の量が減ったことを実感しています」とコメント。

「スターバックス」は、2030年までに廃棄物を50%削減するという目標を掲げており、これまでにもFSC認証紙ストローの導入をはじめ、紙カップとストロー不要リッドでの提供などを実施してきた。今後も、店内でのマグ、グラス提供の推奨、マイタンブラー利用促進など多様な選択肢を提案し、使い捨て資材削減の歩みをさらに加速させていくという。