マッチングアプリ通じ1900万円詐欺被害 投資指示従い利益も引き出せず、滋賀

大津北署

 滋賀県警大津北署は10日、大津市の会社員男性(40)がマッチングアプリを通じて知り合った人物に約1900万円をだまし取られたと発表した。詐欺事件として捜査している。

 同署によると、男性は昨年5月、同アプリを通じて知り合った女性と称する人物から投資話を持ち掛けられた。指示に従い、仮想通貨を運用したところ多額の利益が出たため、現金を引き出そうとしたところ「本人確認ができずロックされた」「解除するために手数料が必要」と言われた。男性は、昨年6月15日~7月18日、約1900万円分の仮想通貨を指定された偽の投資運用サイトに送金したという。

© 株式会社京都新聞社