青森・六ケ所村長に戸田氏3選

核燃サイクル推進主張

© 一般社団法人共同通信社

六ケ所村長選で3選を決め、万歳する戸田衛氏=12日夜、青森県六ケ所村

 再処理工場などの核燃料サイクル施設が立地する青森県六ケ所村で、任期満了に伴う村長選が12日投開票され、現職の戸田衛氏(75)が元三沢市議の新人山田清彦氏(65)=社民支持=を破り、3選を果たした。投票率は60.05%。

 原発の使用済み核燃料を再処理して取り出したプルトニウムなどを再利用する核燃料サイクル政策の是非が争点となり、推進を主張する戸田氏が、中止を訴えた山田氏を抑えた。得票数は戸田氏が4773票、山田氏が246票だった。

 戸田氏は当選後、再処理工場完成に向け「歩みを注視していきたい」と語った。原燃は2022年度上半期の完成を目指している。