アマゾン配達員が労組結成

「業務委託は偽装」主張

© 一般社団法人共同通信社

アマゾンジャパン本社を訪問後、気勢をあげる「東京ユニオン・アマゾン配達員組合横須賀支部」の組合員ら=13日午後、東京都目黒区

 インターネット通販大手アマゾンジャパンの下請け企業と業務委託契約を結び、神奈川県横須賀市を拠点に働く配達ドライバー10人が13日までに、「東京ユニオン・アマゾン配達員組合横須賀支部」を結成した。組合員は個人事業主として働くが、アマゾンからアプリなどを通じて指揮命令を受け、労働時間も管理されているとして、業務委託は「偽装」と主張、労働基準法上の労働者に当たるとしている。

 組合員らは13日、アマゾンジャパン本社(目黒区)を訪れ団体交渉を求め、労働契約の締結などを求める要求書を提出。同社は取材に「要請書を本日受領し、内容を確認している」と回答した。

アマゾンの商品配送を巡る下請け構造