映画界の労働改善へ新団体

是枝監督ら有志立ち上げ

© 一般社団法人共同通信社

日本版CNCについて記者会見した是枝裕和さん(中央)ら=14日午後、東京都千代田区の日本外国特派員協会

 是枝裕和さんら映画監督有志が14日、東京の日本外国特派員協会で記者会見を開き、フランスの「国立映画映像センター(CNC)」などを念頭に、業界の労働環境改善に向けた共助システムの構築を目指す団体を設立したと発表した。映画界で被害が相次ぐハラスメント防止に関するガイドラインの草案も作成。今後、重点的に対策を訴えていくとしている。

 名称は「日本版CNC設立を求める会」。フランスにはCNC、韓国には「韓国映画振興委員会(KOFIC)」という映画専門の支援機関があり、映画の興行収入や放送・配信事業者の収入の一部を徴収し、助成金として再分配している。