【6/15】新型コロナウイルス 新たに143人感染確認

© 奈良テレビ放送株式会社

 新型コロナウイルスについて県と奈良市は15日、新たに143人の感染が確認されたと発表しました。

 新たに感染が確認されたのは143人で、市町村別では奈良市が41人、生駒市が22人、橿原市が12人などとなっています。現在の感染者の数は1233人で、このうち重症はいません。また、死亡例の発表はありませんでした。続いて病床の使用率です。入院病床は11%、宿泊療養室は6%となっています。また、奈良市は市内の医療機関で、保管期限を過ぎたファイザー製の新型コロナワクチンを52人に誤って接種したと発表しました。市によりますと、3月10日が保管期限だったワクチンを、3月11日から4月2日までのうち4日間で52人に接種したといい、健康被害については確認中だということです。そのほか奈良市は、別の医療機関で行われた新型コロナワクチンの3回目接種で、国が18歳以上の使用を定めているモデルナ製のワクチンを、18歳に満たない女性に誤って接種したと発表しました。女性は、今のところ体調に異常はないということです。