法隆寺だけじゃないクラウドファンディング 寺社がネットで資金集める時代

© 株式会社ジェイ・キャスト

世界遺産の法隆寺が、クラウドファンディング(CF)で支援を募っている。新型コロナウイルス禍の影響で拝観者数が減り、財政難に陥ったためだ。集めたお金は、境内設備や宝物類の維持管理に使う。

目標金額は2000万円とのこと。寺や神社によるCFの活用、今の時代ではもはや珍しくないようだ。

対馬の神社が2700万円集める

法隆寺は、2022年6月15日からCFサイト「READYFOR」上で支援を募っている。同サイトで「寺」か「神社」と検索すると、神社仏閣が主体となっての支援募集が数十件見つかる。CFの理由や目的はさまざまだ。

国宝・十一面観音立像を所有する聖林寺(奈良県桜井市)は、2020年10月にCFを行った。十一面観音を祀る「観音堂」が老朽化し、改修に莫大な費用がかかるため、との説明だ。「第1弾」は同年12月に終了し、1718万2000円を集めた。その後も何度か同じ目的で資金募集を行った。

別のCFサイト「CAMPFIRE」では、長崎県・対馬の「和多都美神社」が20年11月に実施。対馬のシンボルのひとつという「大鳥居」が2020年の台風10号により倒壊し、再建費用を募ったものだ。

同サイト上での説明によると、このCFには対馬をモデルにした人気ビデオゲーム「ゴースト・オブ・ツシマ」のプレイヤーからの支援が多く寄せられたという。目標金額500万円に対し、集まった額は2710万3882円と大幅に上回った。

複数回CFを活用する寺

枯山水の庭園で知られる、酬恩庵一休寺(京都府京田辺市)。副住職の田邊宗弘氏は、過去に「READYFOR」上で2回CFを行っている。2015年には、枯山水庭園を照らす「ライトアップイベント」を実施したいと、172万3000円の支援金を集めた。

2021年11月のCFは、境内にある「開山堂」の屋根の修繕が目的だった。こちらは「文化財未指定の建築物」のため、行政から補助金を受けることはできず、CFに至ったとの説明だ。結果として、支援総額は1183万6700円に上った。