【土日の天気】30℃以上の真夏日続出で熱中症警戒 晴れても天気急変に注意

© 株式会社ウェザーマップ

 きょう18日(土)は日本海側を中心に30℃以上の真夏日となり、あす19日(日)は太平洋側も含めて真夏日になる所が多い予想。
 また、きょうとあすはどちらも晴れ間があっても急な強い雨や、雷雨の可能性がある。この土日は、熱中症と天気の急変に気を付けた方がよさそうだ。

きょうは日本海側を中心に真夏日に

 きょう18日(土)午前は日本海側を中心に晴れて気温が上昇している。南からは暖かい空気が流れ込み、日本海側では南風が山を越えて気温が上がるフェーン現象の効果も加わると考えられるため、30℃以上の真夏日の所が多くなる見通し。

 太平洋側も含めて湿度は高く、蒸し暑くなる所が多いため、熱中症になるリスクが高くなりそうだ。こまめに休憩を取り、周囲と声を掛け合いながら30分に1回など定期的に水分補給をした方がいいだろう。暑さを我慢せず、適切に冷房器具も使用したい。

晴れていても急な雨や雷雨に注意

 梅雨前線が近づく西~東日本の太平洋側では雲が広がり、今は雨の降っていない所でも、雨が降りやすい見通し。東京都心では夜に雨が降りそうだ。
 また、午前中は晴れている日本海側でも、南風が雨雲のもとになる湿った空気も同時運んでくるため、気温の上がる午後は山沿いを中心ににわか雨の可能性がある。雷を伴う所もある見通し。午後は、広い範囲で急な強い雨や、落雷などに注意が必要だ。

あすにかけて熱中症と天気急変に気を付けて

 あす19日(日)は、午前中は晴れる所が多いが、午後は再び広く急な雨や雷雨の可能性がある。
 最高気温は、西~東日本では30℃前後で蒸し暑く、きょうからあすにかけては天気の急変と熱中症に気を付けた方がいいだろう。

 また、来週は梅雨前線が北上するため、西~東日本では日ざしが少なく、太平洋側では雨足が強まる可能性もある。この土日は、空模様の変化に気を付けながらも晴れ間を有効に使った方がよさそうだ。

(気象予報士・鈴木悠)