がん治療など高い専門性のある薬剤師の育成へ 就実大学と倉敷成人病センターが連携協定【岡山・岡山市】

© RSK山陽放送株式会社

がんの治療など高い専門性を持つ薬剤師の育成を進めようと、就実大学薬学部と倉敷成人病センターが連携協定を結びました。

協定は、就実大学薬学部出身の薬剤師が多く働く倉敷成人病センターと就実大学が連携して高度な専門性を持つ薬剤師育成のため、人材交流を進めようというものです。就実大学の桑原学長と倉敷成人病センターの梅川病院長が協定書に署名しました。

(倉敷成人病センター 梅川康弘病院長)
「がん専門薬剤師を岡山県全体で増やしていくという役割の一部でも果たせたらうれしいなと思っております」

(就実大学桑原和美学長)
「大学院と病院が理解し協力しあうことによって地域医療に大きく貢献することができるというふうに非常に期待しております」

薬剤師が大学院に戻って研究を行えるといった体制面での連携などが期待されます。