【19日(日)の天気】沖縄~北海道まで不快な蒸し暑さ 北日本は激しい雨やひょうが降るおそれ

© 株式会社ウェザーマップ

 19日(日)は沖縄から北海道までの広い範囲で蒸し暑くなりそうだ。北日本では朝から大気の状態が不安定で、激しい雨や雷雨、ひょうが降るおそれもある。熱中症とともに、空模様の変化に注意が必要だ。

蒸し蒸し列島 30分に1回などに水分補給を

 19日(日)の予想最高気温は、沖縄から北海道にかけて25℃以上の夏日になる所がほとんどの見通し。特に沖縄から東北にかけては30℃前後で、名古屋と石垣島は32℃、大阪と福岡は31℃、広島と那覇は30℃の真夏日の予想。東京都心は29℃で、全国的に湿度も高く、動くと体にまとわりつく不快な蒸し暑さとなりそうだ。

 引き続き風通しのよい服装を選び、こまめに休憩を取って30分に1回など周囲と声を掛け合いながら定期的に水分補給をする必要がある。屋内でも暑さを我慢せず、適切に冷房を使用した方がいいだろう。

静岡県や千葉県では18日(土)夜から雨足強まるおそれ

 空模様はというと、静岡県と千葉県を中心とした関東南部では18日(土)夜から19日(日)の明け方ごろにかけて前線を伴った低気圧が近づくため大雨となるおそれがある。
 朝から昼前にかけては前線が遠ざかり、西~東日本では晴れる所が多いが、昼過ぎ以降は山沿いを中心に急な雨や雷雨の可能性がありそうだ。

北日本では激しい雨やひょうが降る可能性も

 また、北日本では上空の寒気や湿った空気の影響で19日(日)朝から夜にかけて大気の状態が不安定に。晴れ間が出ても、急な強い雨や激しい雨、落雷、突風のおそれがある。
 ひょうが降る可能性もあるため、農作物の管理に注意したい。屋根のない屋外に車を停めている場合は、念のため毛布や段ボールをかけておくなどの対策もした方がいいだろう。

沖縄や奄美では梅雨明け近い

 沖縄や奄美では梅雨前線の影響で20日(月)朝にかけては大雨による土砂災害、低い土地の浸水や河川の増水などに十分な注意が必要。
 ただ、20日(月)日中から沖縄では日ざしが戻り、奄美でも21日(火)以降は晴れる日が続く見通し。沖縄や奄美では梅雨明けが近そうだ。

 変わって西~東日本にかけて21日(火)以降は雨やくもりの所が多く、来週は梅雨空が続く見通し。雨足が強まるおそれもあるため、今後も最新の気象情報に注意したい。

(気象予報士・鈴木悠)