被爆者「核兵器は絶対悪」 廃絶訴え、日本の会議参加要望

ICANの市民フォーラムにオンラインで参加し、被爆体験を語るサーロー節子さん=18日、ウィーン(共同)

 【ウィーン共同】21~23日に核兵器禁止条約第1回締約国会議が開かれるオーストリアの首都ウィーンで、条約制定に貢献した非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)が18日、核廃絶を議論する市民フォーラムを開いた。被爆者が「核兵器は絶対悪。廃絶し、平和な世界を」「日本も会議に参加して」と訴えた。

 広島の被爆者のサーロー節子さん(90)はカナダの自宅からオンラインで参加。市民フォーラムは2日間の予定。19日は、広島や長崎とウィーンを中継でつなぎ交流するイベントを開く。

© 一般社団法人共同通信社